Sold Out!
1977

シャトーマルゴー1977

パーカーポイント:78点

シャトーマルゴー1977年は、不作の年であったと評価されますが、その中でシャトーマルゴーでは驚きの良好で濃密なワインを生み出しました。

1977年にシャトーマルゴーはアンドレとラウラ・メンツェロプロス夫婦に売却され、直ちに畑や醸造設備に惜しみなく大金が投入され、また天才醸造家エミール・ペイノー氏を醸造コンサルタントとして迎え入れました。そして、すぐに熟成方法やブレンド方法の改良が行われたことが、この年に少ない収穫量の中でシャトーマルゴーが大きなパフォーマンスを発揮できた理由の一つです。

円熟した明るい外観で、全体的に薄いオレンジ色を帯びた色調です。香りも芳しくほどよく豊潤な印象です。

味わいは、頑健さには欠けるものの、とても滑らかで黒スグリの果実味、飲み終わりはわずかに甘く柔らかいテクスチャーを残します。30年以上の熟成によりタンニンは丸みを増しており、今から後数年が飲み頃です。

〈シャトーマルゴー1977年 気候条件〉
夏は冷涼で湿度が高かったが、幸いなことに9月、10月は暖かく乾燥し気候に恵まれました。収穫時期は例年より遅くなりましたが、良質な成熟をさせることができた年でした。

※当店マルゴーマルゴーでは、オールドヴィンテージのみを扱っているため、エチケットの状態をご確認いただけるよう、すべて商品画像はお届けする商品そのものを掲載しております。

/750 ml

液面レベル

US (Upper Shoulder)

エチケットの状態

N (N)