1975

シャトーマルゴー1975

パーカーポイント:73点

ボルドーでは全体的に厳しかった70年代の中では、数少ないグッドヴィンテージの1975年ものである。

シャトーマルゴー1975年は、香りは土っぽさを思わせ、かなりの熟成が進み酸度が高くタンニンが強く、頑健さと濃厚さには欠けていると評価されます。

一般に厳しい評価がなされるヴィンテージですが、1972、73、74年と不作続きであった後のヴィンテージであるが、シャトーマルゴーに対する過剰な熱意と期待があるがゆえに、過小評価されているという印象を受けます。それゆえ、逆にオフ・ヴィンテージならではの近寄りやすさがあると評価しております。

〈シャトーマルゴー1975年 気候条件〉
夏は暑く乾燥し天候に恵まれたが、9月は少しばかり雨が降り不安定な気候となりました。しかし、収穫前には好天が戻り、良好な条件のもと9月末に収穫をすることができました。

※当店マルゴーマルゴーでは、オールドヴィンテージのみを扱っているため、エチケットの状態をご確認いただけるよう、すべて商品画像はお届けする商品そのものを掲載しております。

¥101,000 (税別) /750 ml

液面レベル

IN (Into Neck)

エチケットの状態

SD (Small Damage)